始めて見た時はあまりピンと来なかったけれど・・・

児島弘樹さんのあがり症改善プログラム、話題になっているらしいね。

でも、あがり症を改善するには場数を踏むことが必要・知識やスキルを学べばあがり症は改善できる・あがり症を改善するには気合や根性が必要・人前でわかりやすく話すには才能が必要・準備を入念にすればあがり症は改善できる、などの間違った今までの方法とは異なる、心理的なアプローチを取りながら知識やスキルも同時に学んでいく、あがり症改善に最適な方法を体系化したあがり症改善ノウハウっていうのは本当のことなのかな?

ちょっと怪しい?インチキだったらヤダw

体験談・ネタバレを確認する

人前に出たり人前に出ることを想像すると、頭が真っ白になる・手や膝などの体、または声が震える・極度の不安・恐怖に襲われる・赤面してしまう食べ物が喉を通らなくなり食欲がなくなる・眠りが浅くなる、または眠れなくなる・体がガチガチに固くなる・自分ではなくなるような感覚がある・聴衆と視線を合わせられない・呼吸が苦しくなる・あまりの不安・恐怖で人前に出る場面を避けてしまう、などの症状に二度と悩まされることがなくなるらしいね。

色々調べてみても特にひどいクレームとかはないねー

あがり症改善プログラム

すごくワクワクしている。

試してみようかな。

おすすめの記事